楽器の準備

これからレッスンをお考えの方に向けて、楽器の準備についてのページです。

バイオリンはお家がお金持ちでないと習えないとか、習っているのはみんなおぼっちゃんやお嬢様だという、世間になんとなく漂う固定観念は捨ててくださいね!

私もごく一般家庭に生まれ育ちました。

よくテレビではお値段が数億円とかウン千万円の楽器が紹介されていますが、実際に習うのには(あまりに安価なものは質が悪いですが)、数万円で練習に適した楽器を揃えることができます。小さいころから初めて楽器を買い替えてもアップライトピアノを買うのとさほど変わりありません。

バイオリンは大人が使う4/4(フルサイズ)と、お子様が体の成長に合わせて使えるよう、分数バイオリンがあり、3/4、2/1、1/8、1/10、1/16の6種類の中から成長に合わせて楽器の大きさも替えて行きます。

教室には若干ですが分数楽器のレンタル可能です。空きがない場合は購入をお願いいたします。ご予算に合わせて様々なご提案をいたしますのでご相談下さい。

分数楽器を準備する際にはご自分の体に合った大きさを選ぶことが大切です。以下は大体の目安です。腕の長さも考慮しますのでご相談下さい。

4/4サイズ 144cm以上

3/4サイズ 135~144cm

1/2サイズ 127~135cm

1/4サイズ 117~127cm

1/8サイズ 110~117cm

1/10サイズ 105~110cm

1/16サイズ 105cm以下

 

また、楽器以外には以下の物をご準備いただくようになります。Amazonや楽天で揃えることができます。

① 譜面台(練習時に使います)

② 松脂(弓に塗って使います。楽器購入時にセットで入っていることがあります)

③ チューナー(バイオリンの弦の音程を合わせるのに必要になります)

④ メトロノーム

⑤ 替えの弦(弦は時々切れたり古くなった時に替えますので予備が必要です)

⑥ 弦楽器用クロスまたはガーゼハンカチ(楽器を掃除するために使います)

⑦ 教本(初回費用は3000円程度です)

その他の消耗品として1年に一度くらいのペースで、弓に張ってある馬の毛を交換します。交換は市内の弦楽器工房にお願いします。